2015年01月16日

現実を冷静に見極めること!


 過去を整理し、別れた相手に執着する理由が分かれば、次は現実を再認識する必要があります。

 別れてから相手の居場所や連絡先が分からない場合には、あなたの気持ち次第ですが、想い出として封印してしまう方がいいのかもしれませんね。しかし、そういう状況でも復縁したいという気持ちが強いのであれば、話は違います。あらゆる手段を使って連絡先を調べる必要があります。



 もし、相手と連絡が取れるのであれば、間違ったふりをして電話をかけてみたり、メールアドレスが変わったから連絡したというような必然性を敢えて作って、メールしてみるというのもありだと思います。その程度のアクションであれば、相手に誤解される可能性も少ないので、別れた相手と接点を持つことができると思います。その後の、状況を見ながら行動を考えればいいだけです。



 別れた相手と連絡がとれるようになったら、相手の反応をよく見極めなければなりません。けっして焦らないでください。冷静に相手の気持ちを分析しましょう。


相手が嫌がっているのであれば、復縁できる可能性は低いと判断した方がいいでしょう。また、あなたのことを懐かしい思い出と捉えているようなら、復縁できる可能性は、あまり高くないかもしれません。「今どうしてる?」など、あなたの“今”に興味を持っているようであれば、復縁できる可能性はありそうです。


posted by union at 13:38| 復縁できる人とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。