2015年07月01日

何が望みなのか自覚すること


 別れた元彼にメールしたいというのは、何か目的があるからです。あなたが元彼に対して何を期待しているのかをハツキリさせなければなりません。そして、それをしっかりと自覚することです。そうでなければ、メールの内容がまったく違ったものになってしまうからです。


また元のように元彼とお付き合いしたいというのであれば、相手の状況をよく確認してからでなければ、やみくもにメールしても期待しているような結果にならない可能性があります。完全に縁が切れてしまっていいと思っているのなら、何も考えることはありません。メールをして玉砕すればいいだけですから。


元彼と共通の友人もいな炒めに、様子を探るつもりで、友人のような状況から出直したいというのであれば、どのようなメールの内容にしなければならないかは明らかです。お分かりだと思いますが、目的がハッキリしているからやりやすいということです。


ただ元彼のことが忘れられなくて、どうしているのか気になるからメールするというのはダメです。運が良ければそれでも上手く行くこともあるでしょうが、まずそんなことを期待しても無理だと思います。


あなたは元彼と別れた原因やいきさつなど、自分に都合の悪いことをすっかり忘れてしまってぃるかもしれませんが、元彼はまだそれを引きずって入るかもしれません。そんなところへ思いやりのない内容のメールをもらっても、相手が戸惑ってしまうだけです。それよりも、嫌なことを忘れようとしているのに、逆に思い出させてしまう結果にでもなれば、最悪の結果が待っているだけです。


なので、あなたが元彼に対して何を望んでいるのかをハッキリさせなければなりません。どうしたいのかをもう一度考え直して、しつかりと自覚してからメールを送るようにしてくださいね。



posted by union at 17:17| 復縁するためのメール術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。