2014年12月19日

別れた相手に執着する理由を考えること!


 別れた相手が忘れられないために、新しい恋に向かって進むことができず、復縁したいと辛い思いに耽っている気持ちはよく分かります。もちろん、昔の思い出を無理に忘れる必要はありませんが、いつまでも落ち込んでいても仕方がありません。新しい恋に向かって行動するのか、それとも元の相手とよりを戻す行動にでるのか、どちらかに決めて行動する方が前向きになれるはずです。



 そのためにぜひやってほしいことは、別れた相手をなぜ忘れることができないのかを整理することです。前に進むために、別れた相手への気持ちをきちんと整理してみましょう。


気持ち整理し始めると、別れた相手の思い出に浸ってしまうことになるかもしれませんが、それも仕方のないことです。ただ、別れた相手以上にいい人が現れることはないと考えてしまうようでは、かなりの重症かもしれませんね。



 なぜ過去に執着してしまうのかを考えてみます。
1.別れた相手が、あなたにとって特別な存在だった
2.豪華なプレゼントをもらったり、贅沢な経験をしたりなど、日常ではできない経験だった
3.結婚を前提とした付き合いだった
4.交際中に妊娠や婚約破棄など、心に傷が残るような経験をした



 このように見てくると、これまでの人生で一番の記憶に残るような経験であったと考えられます。つまり、今までに経験したことのないことだからインパクトが大きいということです。なので、別れた相手に対する未練というよりも、過去の経験に対する未練であった可能性が高いのです。


ここのところを理解してほしいのです。新しいこいをすれば、また同じような経験をすることはけっして難しいことではありません。別れた相手に対する未練と過去に対する未練とを混同しないように冷静に分析してみてください。



 それが分かれば、前に向かって進めるようになるはずです。


posted by union at 13:40| 復縁できる人とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。