2015年07月01日

何が望みなのか自覚すること


 別れた元彼にメールしたいというのは、何か目的があるからです。あなたが元彼に対して何を期待しているのかをハツキリさせなければなりません。そして、それをしっかりと自覚することです。そうでなければ、メールの内容がまったく違ったものになってしまうからです。


また元のように元彼とお付き合いしたいというのであれば、相手の状況をよく確認してからでなければ、やみくもにメールしても期待しているような結果にならない可能性があります。完全に縁が切れてしまっていいと思っているのなら、何も考えることはありません。メールをして玉砕すればいいだけですから。


元彼と共通の友人もいな炒めに、様子を探るつもりで、友人のような状況から出直したいというのであれば、どのようなメールの内容にしなければならないかは明らかです。お分かりだと思いますが、目的がハッキリしているからやりやすいということです。


ただ元彼のことが忘れられなくて、どうしているのか気になるからメールするというのはダメです。運が良ければそれでも上手く行くこともあるでしょうが、まずそんなことを期待しても無理だと思います。


あなたは元彼と別れた原因やいきさつなど、自分に都合の悪いことをすっかり忘れてしまってぃるかもしれませんが、元彼はまだそれを引きずって入るかもしれません。そんなところへ思いやりのない内容のメールをもらっても、相手が戸惑ってしまうだけです。それよりも、嫌なことを忘れようとしているのに、逆に思い出させてしまう結果にでもなれば、最悪の結果が待っているだけです。


なので、あなたが元彼に対して何を望んでいるのかをハッキリさせなければなりません。どうしたいのかをもう一度考え直して、しつかりと自覚してからメールを送るようにしてくださいね。



posted by union at 17:17| 復縁するためのメール術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

気持ちをこめすぎてはダメ!


 別れた相手に対して、久しぶりにメールを出すということになれば、誰だって気合が入りますよね。このメールで何とか復縁するための糸口がつかめれば・・・と思ったりします。


という気持ちが強ければ、メールの内容が相手の気持ちを考えた物になることはありません。どうしても、自分の思惑だけが先走った内容になってしまいます。例えば、しばらく見ない間に成長して、いい女になったんだよ、というようなことを強調する内容になりがちです。あるいは、自分の近況ばかりを書いてしまうようです。


そんな内容のメールを見た元彼は、どのように感じるでしょうか?こいつは、まだ俺に未練があるんだと感じてしまいませんか。あるいは、これなら自分の都合のいい時だけ呼び出せる相手として使えるとまで思ってしまうかもしれません。


そう思われてでも復縁したいのであれば、それでいいのですが、大切な人として扱われるような復縁をしたいのであれば、あなたの気持ちは、できるだけ隠さなければなりません。むしろ、素っ気ないくらいの内容の方がいいのです。あなたのことなんか、もう忘れてしまって新しい恋を楽しんでいることを匂わせるくらいの方が、元彼も焦るはずです。



 寂しさを紛らわせるためにメールをするのなら、すぐに止めましょう。復縁することはほぼ無理だと考えてください。元彼とやり直すことを願っているのであれば、元彼との関係をどのような形にしたいのかを、考え直さなければなりません。その結果によって、あなたのアプローチも変わってきます。


posted by union at 15:13| 復縁するためのメール術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

別れた相手からメールがきた場合


 今度は、逆に別れた相手からメールが送られきた場合について考えてみます。別れた相手から連絡が来るなんて思ってもいなかったことが現実に起きた場合は、どのようにすべきでしょうか。



 ここでハッキリとさせておかなければならないことは、あなたの気持ちです。別れた相手にまだ未練があるのかないのかハッキリさせましょう。仮に未練があったとしても、また元のような状態に戻りたい気持ちがあるのかどうかも、ハッキリとさせておかなければなりません。


相手に対する気持ちが覚めてしまって、復縁したいという気持ちがない場合には、あなたの意思をハッキリと伝えた方がいいでしょう。放っておくという手もありますが、また連絡が来るかもしれないので、白黒ハッキリさせておく方がいいと思います。


相手に対する気持ちがハッキリせず迷っているのなら、あなたの気持ちが決まるまで返信するのは待った方がいいかもしれませんね。ただ、あまり遅くなるといけないので、今後のこともあるので、時候の挨拶や近況報告でもしておき、時間を稼ぐのも仕方がありませんね。



 別れた相手と復縁したいという気持ちがハッキリとしているのなら、返信メールの内容をしっかりと考えなければなりません。相手に誤解されないように万全の注意を払って内容を考えなければなりません。そうでなければ、せっかくのチャンスをつぶしてしまうことになるかもしれないからです。


上手く復縁できた時に、どちらがイニシアティブをとれるかが重要なポイントになるので、あなたの気持ちを見透かされることがないようなアプローチが必要です。どのような内容のメールを返信すればいいのでしょうか。


posted by union at 11:35| 復縁するためのメール術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

メールする時に注意すること


 1.相手のメールアドレスを確認すること

 別れた相手に対してメールする時に、まずしなければならないことは、相手のメールアドレスが変わっていないことを確認することです。変わっていたのでは、メールすることができなくなってしまいますからね。


共通の友達がいる場合には、本人と直接会わなくても、その友達に確認すれば近況が分かるので問題ありません。しかし、新しい連絡先だと思っていたものが変わっていることもあります。その場合には、また探さなければなりません。



 2.自分の名前を入れること

 別れた相手にメールする時に忘れてならないことは、自分の名前を入れることです。自分のメールアドレスを変更している場合には、メールを受け取った相手があなたからのメールだと判別できないことがあるので、自分の名前は忘れずに入れるようにしてください。


自分のメールアドレスを変更していない場合でも、一線を画す意思を込めて名前を入れるようにしましょう。



 3.メールの内容をよく考えること

 別れた時の状況をよ〜く思い出してください。もし、嫌な別れ方をしたのであれば、何もなかったようにメールをすることはできません。あなたは何も感じなくても、相手は深く傷ついているかもしれないからです。まだ傷が癒えてなければ、内容によっては復縁どころの話ではなくなってしまうからです。


なので、別れてからの時間や相手の状況などをよく考えてメールの内容を決めてください。もちろん、いきなり復縁の話なんかするのは無茶ですから、最初は時候の挨拶くらいから始めて、友達のようなお付き合いができることを考えましょう。



posted by union at 14:14| 復縁するためのメール術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

メールの良さとは


 復縁したいと思っても、相手に対してどのようにコンタクトすればいいのか迷います。電話にしようかメールにしようか迷う人も少なくありません。


 電話の場合、別れた後の気まずい雰囲気が残っていたり、相手の態度がどのように変わっているのか、まるで想像できないので、直接電話で話をするのは、とても勇気がいります。


もちろん、メールでコンタクトを取ることも勇気がいることなのですが、電話の場合メールと比べると比較にならないと思います。それに、運よく話ができたとしても、付き合っていた頃のように話題に事欠くような状況になることはまずありません。おそらく、話が続かなくて間が持たず沈黙が続くという結果になることの方が多いと思います。



 そういうことを考えていくと、やはり直接電話でコンタクトを取るよりもメールを使う方が話を勧めていく苦労はいらないし、一度送ってしまえば、後は返事が来るのを待つだけですから、気が楽です。


ただし、メールの場合には、返事が返ってこないというリスクがあります。電話だとその場で、相手がどのように思っているのかがほぼ理解できますが、メールの場合は返信がなければ何も分かりません。まったく返事がない場合には、脈がないと判断した方がいいのかもしれませんね。



 ということで、そのようなリスクのあるメールを使って、相手から確実に返信をもらいたい時に、どのようにすればいいのかを考えてみたいと思います。



posted by union at 15:31| 復縁するためのメール術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。